webデザイナー

現役WEBデザイナーがつづる、WEB業界雑感サイト

トップページの制作

ここではWEBデザインの一例として、トップページの制作について説明します。
トップページには幾つかの型があります。タイトル、画像、メッセージ、入口ボタンだけのシンプルな「エントランス型」、大きな画像の中に幾つかのリンクポイントを置く「イメージマップ型」、リンク先がカテゴリー分けされて整然と並べられている「目次、カタログ型」、多くの情報がぎっしりと書かれている「ポータルサイト型」などです。サイトの目的やイメージに応じて、どのような型にするかをデザイナーは決定します。
型が決定したら、どのような情報をトップページに載せるか、どのようなビジュアルテーマにするか(上品、かわいい、現代的など)を決め、それに応じてナビゲーションのデザイン、サイズ、配色、タイトルロゴのデザインなどを作って行きます。
次に、それらのレイアウトを考えます。どの情報をどこに配置するか、イメージを描いて行きます。
最後に、レイアウトを基に、必要なパーツ(ロゴ、イラスト、テキスト、リンクボタンなど)を作って行きます。出来上がったパーツをHTMLに組めば、トップページの完成です。

.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">