webデザイナー

現役WEBデザイナーがつづる、WEB業界雑感サイト

WEBデザイナーってどんな仕事をするの?

WEBデザイナーってどんな仕事をするのでしょうか?WEBは、もともとクモの巣を意味しますが、インターネットが発明されてからWORLD WIDE WEB、WWWの最後のWを取ってWEBがインターネットの代名詞のように使われるようになりました。

WEBデザイナーの仕事は、主にホームページのデザインや作成ですが、完成後のホームページのメンテナンスも行います。WEBデザイナーの人口は増えつつあり、単に見栄えが良いホームページを作るだけでなく、プラスアルファのスキルが必要です。

できるだけデータ容量を減らす技術やパソコンにインストールしてあるブラウザの違いによる見え方の差を極力減らす技術などがあるWEBデザイナーは重宝されます。最近WEBデザイナーに特に求められているのは、検索エンジンにヒットしやすくして集客を増やすためのノウハウの提供で、SEO対策と呼ばれています。

WEBデザインは日進月歩なので、学校や本で習った技術を使うだけではすぐにデザインの最前線から置いていかれます。WEBデザイナーは、常にスキルアップの努力が必要な職業です。

.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">